Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C++ VCとgccの違いについて

C++03に関する情報です。最新規格とは違う場合があります。
昔掲示板に書いたのですが、埋もれてしまったのでこちらに解説付きで書き直しました。

追記を表示

MinGW-w64のインストール

今回はサクラエディタのコンパイル用のMingwをインストールしたので、そのメモです。

■MinGW-w64のインストール
MinGW-w64とMSYS2を別にインストールします。
mingw-w64-install.exe をダウンロード実行します。
gcc : 5.3.0
thread : win32
を選択。場所はとりあえずデフォルト。
C:\Program Files (x86)\mingw-w64\i686-5.3.0-win32-dwarf-rt_v4-rev0\mingw32
にインストールされました。
threadモデルをwin32にしないとpthreadのDLLが実行時に必要になってしまうので注意。
MSYS2のパッケージシステムにもmingw32が含まれているがweb情報ではこちらはpthread固定らしいので今回は利用しません。

■MSYS2のインストール
サクラのmakefileのcpとか$(RM)がcleanをさしていて実行するとエラーになったりするので、MSYS2でエラーを解消します。
もちろんmakefileを書き換えてもいいとは思うがパッチに混ざると面倒なので。

msys2-x86_64-20160205.exe をダウンロード。

■設定
gccのbinを実行できるようにPATHの設定をします。
C:\msys64\etc\bash.bashrc の最後に以下を追加します。

PATH="/c/Program Files\ (x86)/mingw-w64/i686-5.3.0-win32-dwarf-rt_v4-rev0/mingw32//bin:mingw64/bin:${PATH}"

■コンパイル
msys2_shell.batを起動してターミナルを表示します。
サクラエディタのソースコードを展開してあるディレクトリのsakura_coreへ移動します。
Cドライブは/c/にマウントされています。

$ mingw32-make

を実行します。

TSV,CSVモード

sakura 2.3.0.0から、TSV,CSVモードが実装されました。 タイプ別設定-スクリーン-レイアウトの「通常▽」を「TSV▽」,「CSV▽」にすることで利用できます。

追記を表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。